宮園製茶のこだわり

老舗製茶工場だからこその技術

1921年からお茶作りを続けている宮園製茶。
鹿児島では最も古い製茶工場です。
私どもの暮らす薩摩川内市の入来町には、べっ甲トンボが生息する
藺牟田池もあります。

自然が作り出す素材自体の味を
皆様に知って頂ければと思っています。

宮園製茶
代表

宮園 謹吉

profile

1953年10月19日旧入来町生まれ
防衛大学卒業後航空自衛隊に入隊。
定年まで勤め上げ父親の営む宮園製茶を継ぐ為に帰郷。
ラムサール条約に登録される藺牟田池を見渡す自社の茶畑のJAS認定を取得。更に有機桑の栽培も始め、安心できる商品の開発を続けている。

宮園謹吉

miyazonologo